アクティブ富山
ラブレ菌とは
 インターフェロン生産能を高める乳酸菌。
免疫の仕組み
 ウイルスやガン細胞と戦う免疫は、インターフェロン、マクロファージなどの食菌細胞、T細胞が中心となる体液性免疫。
免疫力を低下させる現代人の生活環境
 環境悪化からくるガンとストレスが与えるインターフェロン生産能の低下
インターフェロン生産性って
 ガンを消滅させることが出来るかどうかは、生体の抗体力や、ガンの悪性度にもよりますが、私達の細胞のインターフェロン生産性が大きく関与しています。
インターフェロンとは
 ガン細胞、ウィルスの活動を阻止する、人の体で生産される物質
インターフェロンの効果と副作用
 インターフェロンを投与する場合は体のホメオスターシス(生体恒常性)の攪乱や発熱、倦怠感などの副作用を無視できない。
インターフェロンの今後
 エイズ治療に効果を発揮しているとのデータが発表されているがまだ解明されていない。
ラブレ菌の発見と可能性
 副作用が無く、安全にインターフェロン生産能を高めてヒトの免疫機能を助長できるもの。
京漬物「すぐき」
 京都の漬物のなかの一つ、漬け込む期間が長く、とびきり酸っぱい漬物
特許出願
 ラクトバチルス・ブレービス菌(ラブレ菌)粉末を含む免疫機能助長剤に関する特許を出願中です。
参考書類
・「ラブレ菌の秘密」 上田昭彦:著 史輝出版
・「インターフェロン生産性検査のおすすめ」株式会社エスアールエル
・「京の漬物から見つけた、インターフェロン生産性を高める「ラブレ菌」の免疫機能助長作用の発見と分離成功について」株式会社 陽進堂